『大正漢方胃腸薬「爽和」』が新発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『大正漢方胃腸薬「爽和」』が新発売
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

大正製薬株式会社は、『大正漢方胃腸薬「爽和」』を2012年2月1日から発売します。同商品は精神的なストレスによる胃腸症状に緩和作用がある四逆散※に、低下した胃腸機能を改善する作用のある安中散を加えた漢方胃腸薬です。
※四逆散
サイコを中心とした4種の生薬(サイコ、キジツ、シャクヤク、カンゾウ)からなり、古くから精神的ストレスによる胃腸症状を緩和する目的で使用されています。精神的な緊張状態をほぐす働きがあり、神経性胃炎、胃痛、腹痛等の症状を改善する処方です。

【製品概要】

商品名 大正漢方胃腸薬「爽和」微粒
大正漢方胃腸薬「爽和」錠剤
区分
成分 1包(1.4g)中または4錠中
安中散(下記生薬の混合粉末)700mg
 ケイヒ(桂皮)200mg
 エンゴサク(延胡索)150mg
 ボレイ(牡蠣)150mg
 ウイキョウ(茴香)75mg
 シュクシャ(縮砂)50mg
 カンゾウ(甘草)50mg
 リョウキョウ(良姜)25mg
四逆散乾燥エキス(下記生薬の抽出乾燥エキス)303.33mg
(3包中または12錠中910mg)
 サイコ(紫胡)333.33mg(3包中または12錠中1,000mg)
 キジツ(枳実)333.33mg(3包中または12錠中1,000mg)
 シャクヤク(芍薬)333.33mg(3包中または12錠中1,000mg)
 カンゾウ(甘草) 166.67mg(3包中または12錠中 500mg)
効能 体力中等度、またはやや虚弱で、ときに胸腹部の重くるしさ、不安・不眠・いらだち等の症状がある方の次の諸症:胃のもたれ、胃部不快感、胃痛、げっぷ、食欲不振、胃部・腹部膨満感、胸つかえ、胸やけ、胃酸過多、腹痛、はきけ(むかつき、悪心)、神経性胃炎
用法・用量 次の量を食前または食間に服用してください。
成人(15歳以上)
1回量 1包または4錠
服用回数 1日3回
15歳歳未満 服用しないこと
内容量・希望小売価格 10包 998円(本体 950円+税48円)
18包 1,470円(本体1,400円+税70円)
40錠  998円(本体 950円+税48円)
72錠 1,470円(本体1,400円+税70円)
発売元
商品の新着記事

このページの先頭へ